Service サービス

海外向け

制御盤 製造

「海外調達率を上げたい。でも中国に直接見積りを取るのもリスクがあるし、中国語も出来ない、仕様の確認はどうするのか」等々。そんな悩みを持たれているお客様は弊社に問い合わせをください。

日本の盤メーカーに問い合わせるのと同じように聞いていただければ、中国で製作した場合の見積りを回答致します。仕様の確認は弊社日本の設計者が御社と打ち合わせさせて頂きます3割以上のコストダウンも提案させて頂く事が可能です。

中国調達

制御盤以外にも電気部品はもちろんの事、架台、歩廊といった板金加工品、NC機械加工品、を中国で製作して日本へ輸入出来ます。通関、増値税、関税、輸送も全て弊社で対応して、日本のお客様までお届け可能です。

制御盤 設計

CCC規格、GB規格、CE規格はもちろんの事、日本製部品を中国で流通しているヨーロッパ製部品等への置換え、中国限定で販売されている日本メーカー部品へ置換えを提案致します。

日本側にて主に設計致しますので、設計打ち合わせも日本にて可能です。

弊社電気設計ではECADを使用しております。

海外メーカー部品のプログラミング

中国ではシーメンス製PLCを使う事が多く、PLCソフトの制作も可能です。メルセックPLCとシーメンスPLCの通信も弊社におまかせください。

現地SVの経験豊富な1級・2級シーケンス制御作業有資格者が三菱電機・松下・オムロンPLC等のプログラミングを行います。

また、海外シェアNo.1を誇るシーメンスPLCにも対応致します。

貿易

日本側からPLC、インバーター等を支給品として中国へ送って制御盤を製作する場合も、弊社にて加工貿易の申請が可能ですので、支給品に関税が かからない場合もあります。

vis_overseas_04.png

中国制作→日本へ納入(加工貿易)...打ち合わせ・設計は日本制電社が対応いたします。支給品は日本制電社へ送付で構いません。完成検査は日本制電社で実施いたします。契約も日本制電社にご発注頂いて構いません。中国政府への加工申請は弊社でできます。